新着情報

最新動画

寝る

人生三分の一は眠りの世界だ。
私の今の睡眠時間は、平日は6時間前後、休日だと7、8時間は寝る。
私は寝るのが大好きだ。昔からどこでも眠れた。
車でどこかへでかければ、車の揺れに同調しいつのまにか寝ている。ちょうど目的地に着く頃に起きて、全く景色とかは覚えていないのだ。
電車に少し揺られていると寝てしまう。もちろん乗っている時間が短ければ寝ることはしないけれど、座席に座ることができれば、おそらく乗っている時間の半分は寝ていることだろう。
人によってはあまり寝る時間が多くなくても平気な人もいる。けれど私は寝る時間が少なかったり、その質が悪かったりするとあまり嬉しくない。
中学や高校生の頃は受験勉強やテスト勉強の追い込みで明け方まで勉強していることもあった。私はどちらかといえば詰め込むタイプなので、普段はだらだら、直前になって焦ることも多い。
そういうときは仕方なしに睡眠時間を削るしかないのだけれど、なにぶん若いし、テストが終わればいくらでも寝ることができるからそう問題ではない。
大学になると、試験勉強近くになると徹夜で勉強することもあった。勉強だけでなく、飲み明かして寝ないこともあったし、夜通しのアルバイトをしていたこともあったし、麻雀を朝までしていることもあった。
次の日は多少は眠いけれども、でも時間があるときにいつまでもダラダラしていることができたし、徹夜も2日くらいまでは意外に大丈夫であったと思う。
だけれどこれも年を経るにつれて、寝ることがどれだけ大事かということが身に染みてわかってくるものだ。
寝ないと次の日の体の疲れが半端じゃない。夕方まで体がだるく、日中は眠いのに寝ることはできなくて、必死の眠気と闘って起きているのは至難の業だ。
幸いにして仕事は比較的楽だし、多少居眠りをしていても咎められることはない。それでもそういうときは一時間でも早く横になってゆっくり寝たい。

Copyright(c) 2012 寝る All Rights Reserved.